すいせん

懸賞 2008年 02月 13日 懸賞

我が家の裏で水仙が咲きました。

学名:ナルシサス  和名:雪中花
その名の如く・・・今日は雪が舞う中、しっかりと花を開かせていました。

甘い香りが強く、薄い黄色に、薄い花びら・・・とても華奢で繊細に見えるこの花は、姿からは想像が出来ないほど生命力の強い花・・・私の大好きな花のひとつです。

華道の古典花では「水仙のように強く、たくましい大人に成長して欲しい」という願いを込めて成人の日に水仙をそっと飾りお祝いをします。
こんな素敵な日本の文化も大好きです。
長く学べば学ぶほど奥の深さに楽しさが増すのが華道・・・洋花の美しさとはまた一味違った目には見えない美しさが秘められているんですよね。

雪の降る寒い季節に芽を出し、花を咲かせるような強さを持ちたいと水仙を見ると思うのでした。
d0147774_14383553.jpg


花言葉は・・・自己愛056.gif
[PR]

by kanon-ruru-ru | 2008-02-13 14:42 | おはな | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://aromakanon.exblog.jp/tb/7247071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あび at 2008-02-13 15:52 x
水仙の花も 文章も 素敵です (^。^) ほのぼのしちゃいました。

私の中で 水仙の印象は・・・神話の中のナルシスです。小学生の頃 ゼウスの話しとか・・・神話を図書室で読みあさってました。

その頃から イケ面好きだったのでしょうか?
Commented by tonchanwakuwaku at 2008-02-13 18:07
あー、もう水仙が咲いているのねー。
日本のあちこちのブログから、お花の写真が見られて幸せーを感じてます。
こっちは、まだ寒くて、川原も山も茶色ですから・・。
春が恋しいー♪
Commented by kanon-ruru-ru at 2008-02-13 22:49
>あびちゃん
私も~!水仙といえばギリシャ神話・・・ナルキッソス(ナルシス)。
ナルシストの語源だね~。
私も幼き頃から・・・ギリシャ神話大好きでした。
イケメン好きの自分好き?(  ̄▽ ̄;)ハハハ♪

そして、図書室で読みあさっていたのは「アラビアン・ナイト(千夜一夜物語)」
アリババと40人の盗賊…アラジンと魔法のランプ…
なんか、本が読みたくなってきた~。

>とんちゃん
韓国の冬は厳しそうだね~。早く、パステルな景色を見れるといいね。
韓国は男性が女性にお花をプレゼントする習慣が日本よりあるよね?
昔、旅行に行った時街のあっちこっちに屋台のおしゃれなお花やさんが出ているのでビックリした。更に、沢山の男性がお花を買う姿にもビックリした。

韓流ドラマでも、よく見るシーン・・・だよね?
大人気だった四季シリーズの主人公の女性がフローリストの「夏の香り」好きだったわ。
Commented by とんちゃん at 2008-02-14 13:11 x
そう、お花を贈るんだねー。
昨日ね、地下にある花屋さんの前を通ると、何十個も花束が予約で作ってあったわ。
男性が女性に贈るのかなー。
バレンタインだし女性が男性に贈るのかなー、気になるところだわ。
外の景色がパステルになるにはまだ時間がかかりそうなので、
花でも自分で買うかな。
Commented by kanon-ruru-ru at 2008-02-14 15:16
>とんちゃん
香りのある暮らし・・・そして、花のある暮らし・・・
どっちも、癒しには欠かせないアイテムだね。

世界の多くでは、男性から女性にバレンタインの贈り物をするそうな・・・韓国はどっちなんだろうね~♪

<< ギリシャ神話   チョッコレート♪ >>