平野区民生け花展 2018

懸賞 2018年 11月 12日 懸賞

今年も芸術の秋…
恒例の平野区の花展に出瓶させて頂きました。
d0147774_12334044.jpg
d0147774_12513155.jpg


今年は例年より2週ほど遅く
11がつの2週目の土日開催

週頭に蓼科から戻ってからは
お花のご依頼等もありましたので
ガッツリお花weakとなりました。

みくちゃんは張り切って
デザイン画まで書く力の入れようで
とっても花展にお花を出す事を
楽しみにしている様子…
そんな姿を見るのは嬉しい~

今回の花展のスケジュールは…
・生け込前日の木曜 教室でみくの生け込⇒
・生け込当日金曜 みくのお花の搬入⇒
 会場で私の生け込み
・土日で花展開催

これで完璧だったはず…

保育園の時とは違って
簡単にお休みしまぁすとはいかないので
木曜の学校が終わった後 
スムーズに生け込が始められるよう
午前中に仕入れに行くと…

なんとなんと!まさかの花材未入荷m)゚O゚'(m
木曜引き取りでお願いしていた花材を
金曜会場配達と勘違いされていたらしい…

忙しい時は誰にだって失敗はあるもの
一瞬固まった!お店でめっちゃ悩んだ…
けど、悩んだって 固まってたって
お花はないので仕方がない

代わりの花材をと思ってみたケド‥
花展でパッと見栄えがするものがなく
あえなく断念…
みくを金曜の生け込会場へ連れていく事に変更

みくちゃん初めての会場生け込…
どうなる事やら~<(;´^`)>…ちょっと不安

・・・で不安がっててもやっぱり仕方がないので
平常心で行く事に決めました(笑)

午前中 姉弟子さん宅にお荷物を積みに寄って
一緒に平野区の会場へ~

私達の場所には既に花材が配達されていたので
すぐにお花のチェック! 
生け込準備を整えて 先ずは自分の生け込開始
みくのお迎えに会場を出るまでには…
完了していたい!と思いつつも
後チョットでタイムリミット

お昼ご飯を食べる間もなく
いったん堺に戻ってみくをピックアップ
そのまま 平野の会場へ戻り

みくの生け込開始…
ひとつひとつ花材を持って下処理をして
角度や長さ…お花が可愛く見える場所を見て
丁寧に活けました。
終了したころには 既に日も暮れ…
 
「ねぇね~ 後どれくらい?」
「ねぇね~ 座ってていい?」
「ねぇね~ お腹すいた…」
…ってみくの声を背に
残していた自分の生け込みをして…18:00

あぁ~長かったぁ。
みくもお疲れチャンでした。
でも、めっちゃ頑張ったもんね~♫ 
綺麗ね~ 頑張ってるね~って
いっぱい声かけて貰ったもんね~ ハナマルです

今年はお月様の形を作るよぉって
伝えておいたら…
黄色いガーベラとバラで黄色いお月様で…と
花材を決めたのはみくちゃんです

私のとみく ピンクの濃淡で
クレセント型(三日月)を
左右にと思っていたんだけど
ソコはご本人様のご希望を通して譲りました。

会場では黄色いお月様が
パッと人目を引いて人気者でした。
みくちゃん大正解~
d0147774_12062411.jpg
d0147774_12062458.jpg

土曜日は仲良しのナナちゃんが
ゆみねぇねと一緒に見に来てくれました。
d0147774_12062429.jpg
安定の…(笑)叔母&姪コンビ
d0147774_12431600.jpg

お会いできなかったケド…
お稽古で一緒のくすちゃんも見に来てくれてました。

日曜日には同級生がご家族と一緒に
会場にいらしてくださいました。
他にも見にいらして下さった方が
いるかもしれません…

本当にありがとうございました。

ナチュラルアートの創設者 
お師匠先生も来て下さいました。
足がお悪くなって 車いすなのに
毎年こうして会場に来て下さって
必ず良く頑張ったね~と声を掛けて下さいます。

お花の技術以外にも
沢山の事を教えて下さった先生…

今になって先生がおっしゃっていた
お花のラインや面をしっかり生かし
出来るだけ細工をせず技術で形を作る…
その大切さ、その素晴らしさが
身に染みる様になりました。
まだまだですが…
来年もその先も長く 良く頑張ったねって
お声がけをして頂けますように…
d0147774_12062460.jpg
d0147774_12062394.jpg
d0147774_12062320.jpg
d0147774_12322954.jpg

by kanon-ruru-ru | 2018-11-12 23:46 | あろま☆くりすたる | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://aromakanon.exblog.jp/tb/27218262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 今日のお花   アニマルアロマセラピー研修会 >>